宮本前水俣市長さんから講話、生徒代表お礼のことば

水俣交流学習の内容のひとこまを紹介します。

昨日、宮本前水俣市長さんから講話をしていただきました。

その時の本名さんの生徒代表お礼のことばです。

 

 

前宮本市長へのお礼の言葉

宮本様、本日は私たちのために貴重なお話をありがとうございました。
宮本様は「以前、おばあさんに『大丈夫、何とかなる』と言われ、なぜか元気が出た」とおっしゃっていましたが、私たち福島県民も「がんばっぺ福島」という合言葉で、今日まで復興に全力を注ぐことができています。このような言葉はどこかで私たちを支えてくれているんだなと感じました。
その支えを信じて、これからの自分のふるさとを守り、受け継ぐことが私たちの使命だと感じました。また、今日のご講話で、宮本様が水俣市長としてどれだけのことをしてきたかを痛感しました。市長として市民の安全を第一に考え、水俣にとどまらず東京などを飛び回る姿にとても感激しました。宮本様のような市長がいらしたからこそ、水俣市が環境モデル都市として誇るべきものになったのだと感じました。
私たちは、この交流事業を通して様々なことを学ばせて頂きました。今日からの3日間で将来を見すえ、今何をすべきかを深く考え、熟議を重ねていきたいと思います。
本日は、本当にありがとうございました。


母親代表者報告「お母さんだより」
2017年04月11日
第9号(平成29年3月)
2016年04月15日
第8号(平成28年3月)
2016年04月15日
第7号(平成27年3月)
母親代表者報告「お母さんだより」の一覧
アーカイブ
カテゴリー