ごあいさつ(会長あいさつ)

つながり合い・支え合うPTA活動のために                       

福島県PTA連合会会長 小林 利明   

今年二年目の福島県PTA連合会会長をつとめさせて頂きます小林利明です。

今、子どもたちの育ちをとりまく環境は激変しつつあります。いつの世も、社会は変化してきたのですが、ケータイ・スマホ・ライン・SNSなど、次々に変わっていく情報技術は、子どもたちの生活経験に多大な影響を及ぼしています。いじめ・不登校・ひきこもりなど、親が心配せずにはいられない課題も、減ることはありません。少子高齢化が進み、人口が減少する中で、子どもを育てることは社会全体にとってとても大切な仕事です。

人は社会の中で育ち、生きていくものです。子どもたちの育ちに重要な影響をおよぼすのは、と地域と学校の連携であり、親どうしのつながり、地域社会のつながりなど、相互の協力が欠かせないのです。

このような現代社会の中で、PTA活動に関わろうとする時、なかなか思うようにはできないかもしれませんが、大切なことはたった一つです。子どもたちの成長を願って、お互いがつながり合い、支え合い、そして学び合うことです。

私も県P連会長として責任と自覚を持ち、最後の一年を全うする所在でおりますので、皆様昨年同様よろしくお願い申し上げます。